CAFE beeカフェビー小町通小路で鎌倉こだわりコーヒー

鎌倉で知る人ぞ知るカフェビーCAFE bee(小町通小路)でこだわりコーヒーを!

cafebee558732

この記事はCAFE beeの基本情報や、カフェビーの1800年代のアンティークカップの写真を掲載しています。

とても美しく落ち着いたCAFE beeの空間は、まさに鎌倉の大人のカフェ。静かな時間を過ごしたい方にオススメ!

鎌倉カフェビーCAFE bee小町通

cafebee3337

神奈川県鎌倉市雪ノ下1-7-22

電話:0467-22-3371 

営業時間:11:30-18:30(ラストオーダーは18:00)

定休日:不定休

ネルドリップコーヒー
各 ¥620~

ケーキ
360円~

鎌倉CAFE beeは美しい空間と静けさを楽しめる

鎌倉の小町通は、原宿の竹下通りかと思うほど、平日も観光客でごった返していますが、鎌倉カフェビーは、小町通の喧騒を抜けて住宅が並ぶ場所にひっそりとあります。

komachicafe33

煉瓦のエントランスに、センス良く配置された植栽。お花というよりは緑のグラデーションが美しいです。

店内はクリーム色の壁に向かって配置されたカウンターテーブルと、

cupcafebee44

大きなテーブル席、や小ぶりのテーブル席が程よい間隔に並んでいます。

花が生けてある壁には、薄紫の花の絵が描かれていて一瞬、生けてある花と同化して見えるところが、だまし絵のようでユニークで美しいです。


室内にある、すべての植物がひとつのアートとして成り立っている感じ。

この盆栽も素敵ですよね。

cafebeebonsai1

私たちが座ったのは、奥の大き目のテーブル。平日の、2時近くでしたが、お客は私たち以外3人ほどで、静かにコーヒーを19世紀のアンティークカップで楽しんでいました。

komachicafe22

メニューは、コーヒーがメインなのですが、CAFE beeで頂けるコーヒーはオーナー自らが手焙煎したコーヒーで、芳醇な香りや口当たりの良さ、まろやかな味、ヌケのある味・・甘みのある後味などを追及しているそうです。

そして、ここのオーナーは写真家なのです。

写真家 十文字美信さんが集めた19世紀のアンティークカップでコーヒーを

カフェのオーナーである、写真家十文字美信さんは1970年代より第一線で活躍しているフォトグラファー。資生堂やユニクロといった数々の広告の写真も手掛けていらっしゃる写真界の大御所。

オーナーの審美眼にかなったクラシックなスタイルのカップはどれもその時代を感じさせてくれます。
cafebeecup5632

このカップはリッジウェイ製、1800年代後半イギリスで生まれたものだとか。

白鳥のように高く上がったハイハンドルに気品を感じさせるカップは、ビクトリアン調の花が描かれ、目の覚めるようなブルーの帯が鮮やかでした。

cupcafebee002

小鳥がモチーフのカップはこちら。

cafebeebird1

これは、1881年イギリス生まれ、ウースター製。やはりハイハンドルの高貴な姿に、南方の鳥でしょうか、カップだけではなくソーサーにも南国の鳥が描かれています。淵がフリルのようなスタイルでより繊細さを感じました。

私の写真だと、いまいち魅力が伝わらないかもしれませんが、カフェビーで頂くコーヒーの美味しさが倍増するほど、このアンティークカップの美しさは力を持っています。

cupcafebee39872

実は、上の写真に白い冊子が映っていますが、こちらはこのカフェビーにあるアンティークカップの名鑑なのです!

写真はオーナーが撮影したものだと思いますが、超一流のカメラマン撮影のアンティークカップの写真はまるで映画のワンシーンを切り取ったかのよう。

cafebee558732

この写真集に自分が今飲んでいるカップの写真と由来が記してあるので、感動します。

コーヒーが苦手な方も、自家製ジンジャーエールやホッとジンジャーレモンなどのドリンクもありますのでCAFE beeでの滞在を楽しむことができますよ。

CAFE beeのケーキ

CAFE beeのケーキは360円の手軽なものからあります。

もちろん、プレートもアンティーク。

cupcafebee544

自家製ジンジャージャムを使ったパウンドケーキをいただきました。モラセスシロップのほのかな甘み、香り付けにブランデーを効かせたさっぱりとしたケーキ。

cupcafebee4429

友人と、このカフェに入ったのは本当に気まぐれで。

まさか、有名フォトグラファーのギャラリー併設のカフェとは知らなかったので、偶然の奇跡に感謝。

cafebee7832

わびさびのあるインテリアも、全体の雰囲気も、そして1800年代のアンティークカップで味わう淹れたてのコーヒーも、すべてが極上の時間で、隔絶した世界観のあるカフェです。

小町通のカフェやレストラン

美味しいスープカレー

お洒落な空間で美味しいブランチ

パン屋併設の隠れ家風レストラン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です